婦人科疾患

婦人科の病気についての説明

子宮筋腫とは

子宮の筋肉にできる良性の腫瘍です。
筋腫の個数や大きさ、位置などによって色々な症状があらわれます。

子宮筋腫の症状

  • 月経過多(量の増加)
  • 不正出血
  • 立ちくらみ
  • 月経痛
  • 腰痛
  • めまい

子宮筋腫は良性なので不安になる必要はありませんが、大きくなったり数が増えたりする場合がありますので、半年に1度は検診を受けることをおすすめします。

子宮内膜症とは

子宮内膜組織に似た組織が、何かの原因で骨盤内(卵巣・卵管・子宮周囲の腹膜など)に癒着を起こしている状態です。

生理のたびに子宮内膜の組織が増殖と剥離を繰り返し、さまざまな症状を引き起こします。

子宮内膜症の症状

  • 月経痛
  • 排便痛(肛門痛)
  • 下腹部痛
  • 性交痛
  • 不妊

卵巣嚢腫とは

卵巣嚢腫とは、卵巣に分泌物などがたまってできる、袋状の柔らかい良性腫瘍のことです。

種類が非常に多く、発生原因も多岐にわたります。ほとんどが良性ですが、病理検査をしてみないと良性であると断言はできません。何らかの症状を感じた場合には、必ず婦人科を受診するようにしてください。

卵巣嚢腫の症状

  • 腹部膨満感
  • 下腹部痛
  • 性器出血
  • 便秘
  • 頻尿

ご相談はお気軽に

浜松町大門レディースクリニックは、内科と同じようにお気軽にご相談していただけるクリニックです。
婦人科以外でのお悩みでも大丈夫なので、少しでも気になることがありましたら、お気軽にお越しください。

お気軽にお問い合わせ下さい 03-6403-4105
contact_tel_sp.png
staff staff blog